注目されているサービスを利用して趣味を豊かに

耐久性が強い

印刷効率が高く水に強いストーンペーパー

石を原料にしたストーンペーパーは、紙よりも高い耐久性を発揮し、製造段階で環境汚染を行わない、次世代の紙です。 ストーンペーパーを作るために、木を切る必要は無く、リサイクル出来る資源なので、無駄なく効率的に使えます。 通常の紙とは異なり、湿気に強く裂けにくいので、高い耐久性が有り、長く使える特徴です。 また、インクの渇きが早いので、印刷の効率を高められます。 印刷品質が、従来の紙と比べても劣らず、長期の使用に適した素材で、環境に優しい特徴が有ります。 販売価格の相場は、木から作られた紙よりも高めですが、今後普及して行けば状況は変化します。 様々な特徴と、紙では実現しないメリットがあり、注目される新素材です。

ストーンペーパーを実際に使用する場面

ストーンペーパーを、メモ用紙に使う場合は、筆記用具との相性が有り、使う前に調べて購入します。 従来の紙と同様に、複数の筆記に対応しますが、芯が硬い鉛筆や、ペン先が硬い万年筆は、使用に適さない場合が有ります。 それ以外の筆記具なら、今までに近い感覚で使用したり、違和感無く利用出来ます。 印刷用のストーンペーパーには、家庭用のプリンターが対応します。 用紙の価格は、普通の紙よりも、金額は高くなる傾向ですが、印刷品質は劣らず、高精細な印字にも実用性が有ります。 一度印刷を行えば、水に濡れても安心で、水周りで使用する事も、ストーンペーパーなら実現します。 エコを考える場合も、ストーンペーパーを選べば、環境に優しく利用出来ます。