注目されているサービスを利用して趣味を豊かに

代行できる

本の所有者に代わってスキャンサービスを行う業者

タブレットや電子書籍端末など、紙の本をデータ化して読むことが出来る端末が増えてきたので、所有している本をスキャンしてデータ化する人が増えています。しかし、数冊程度あれば簡単にスキャン出来ても、個人利用が想定されるスキャナーで何千冊もスキャンすることは現実的ではないので、本の所有者の代わりにスキャンサービスを行うという会社があります。 スキャンサービスを行う会社は、まず本の所有者に本を送ってもらい、それを裁断してスキャナーで読み込んでデータ化し、そのデータを送付することで料金を受け取っています。 また、利用者がオンラインショップで本を買って、送付先をスキャン代行業者に出来るというサービスを行っているところもあります。

スキャンを代行しない業者も存在する

ただ、本の所有者の代わりに業者がスキャンサービスを行うことに対して反対意見を唱える人もいるので、そこをクリアしたサービスも存在します。どういうものかというと、本を裁断する道具とスキャナーを置き、本の所有者が自分で裁断からスキャンまで出来るというサービスです。サービス提供者は道具と場所を貸しているだけで、所有者に代わってのスキャンサービスは行っていないので問題ないということです。 また、そもそも最初から電子化されていれば問題ないということで、絶版本の作者が自分で電子化した本のデータを提供し、それを配布しているサービスも存在します。本のデータの中に広告が入っているので、そこから売り上げがあるというシステムになっています。